SukeBlog

プログラマーSukeによるブログ

【PHP】No.0 はじめに

【PHP】No.0 はじめに
この記事は約4分で読めます

PHPを学ぶ前提条件

PHPを学ぶ前提条件としては、下記の知識が必要となります。
  • HTML
  • SQL
HTMLについては、このブログでも説明していますので、よかったらそちらで勉強してみてください。

対象者

HTMLの基礎がわかっている方を対象とします。
ですが、プログラミングは初めてという方で構いません。
なので、初めてのプログラミング言語としてPHPを学ぶ方を対象に、基礎から扱っていく予定です。

PHPとは?

PHPはサーバサイドで動くプログラミング言語です。
サーバサイドとは、その名のとおり、インターネットを通してWebサーバにアクセスした際、Webサーバ側でプログラムが動作し、その結果をしてHTMLをクライアント(ユーザ)に返す動作形式のことを言います。
Webシステムは、PCのブラウザからインターネットを介して遠隔地にあるサーバにアクセスします。
このときのブラウザからサーバに対するアクセスをリクエストと言います。
リクエストを受けとったサーバは、サーバ内にあるプログラムを実行し、実行結果としてHTMLをブラウザに返します。
サーバからブラウザに対する返信をレスポンスと言います。

PHPの開発環境

PHPでプログラミングをするには、下記の環境が必要です。
  • PHP
  • Apache
  • MySQL
ApacheはWebサーバ、MySQLはデータベースです。
上記の環境は、XAMPPというソフトウェアをインストールすることで、全て揃えることができます。

XAMPPのインストール

XAMPPとは、Webアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたものです。

ダウンロードはこちらからできます
 →https://www.apachefriends.org/jp/index.html

ApacheとMySQLの起動、停止方法

MACの場合

XAMPPを起動し、Manage Serversタブをクリックします。
MySQL Databaseを選択した状態で、Startボタンをクリックします。これだけです。
Apacheについても同様に起動できます。

停止は、Stopボタンを押すだけです。

htdocsとは

ダウンロードしたXAMPPのフォルダの中に、htdocsというフォルダができています。
htdocsフォルダは、プログラム(phpファイル)を置く場所です。
htdocsにphpファイルを置くことで、Apacheを介してブラウザからプログラムにアクセスすることができるようになります。

Hello Worldの表示

ブラウザにHello Worldを表示してみましょう。
まずは、Apacheを起動しておいてください。

下記のような、hello.phpファイルを作成してください。
<?php
    echo "Hello World";
?>
hello.phpをhtdockに配置します。

ブラウザを開き、URLにlocalhost/hello.phpと入力し、アクセスしてみてください。
ブラウザにHello Worldと表示されたと思います。
表示されない方は、htdocsにhello.phpを配置しているか、Apacheが起動しているか、パスはlocalhost/hello.phpで合っているかを確認してみてください。

解説は次の記事でします。